Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

EE Times Japanの創刊号が刊行


電子技術誌「EE Times Japan」が創刊した。EDNJapanに続く,「技術者は無料の」本格的な専門技術誌である。EE Timesは米国に限らず,欧州や中国でも充実したメディア展開をしており,世界的なニュースネットワークはEDNをしのぐ。今後が楽しみな雑誌である。


創刊号の特集は「アナログ新時代」。翻訳ではなく,オリジナルの解説記事である。編集の人数を考えると,相当に時間を割いたことが伺える。


興味深いのは12の技術分野ごとに毎号1〜2頁程度のレポート記事を掲載するとしていること。毎号12本。読者とすれば自分の分野の記事が必ず1本は読めるので,有難い。幅広い読者層に適応した設計といえる。


内容はきわめて充実しており,某誌編集長は「こんなの毎号は作れないのではないか」とコメントしていた。このコメントを裏切ってくれると素晴らしい,と思う。


広告は約40頁。「創刊号ご祝儀」という日本の慣行を考慮すると,やや少ないような気がする。2号以降にどのくらい確保できるのか,期待したい。