Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

お掃除ロボット「ロボモップ(ROBOMOP)」使用レポート


http://d.hatena.ne.jp/affiliate_with/20060906
上記の続きです。

掃除ロボットロボモップ(ROBOMOP)」の交換品が到着しました。
まず箱です。北欧ノルウェー生まれだそうです。



箱を開けるとボールとモップフレームが見えます。


使う前に、ボールをまず充電します。3〜5時間は充電せよとあります。この待ち時間が結構つらかったです。早く使いたい気持ちを抑えます。


充電が終わりました。ダストシートをモップフレームに貼り、ようやくお掃除開始です。運転時間をボタンでセットする(30分、1時間、1時間半が選べます)と、しばらくして自動的に動き出します。


そこそこの速度で動き、壁などにぶつかると少し戻ってまたぶつかるなど、結構な根性ある動きを見せます。かと思うといきなり方向転換してあらぬ方向へ走ったりします。行動の予測がつきません。


お掃除後にダストシートをみると、まだらに汚れています。何枚か試しましたが、いずれも均一ではなく、まだら模様です。貼り方が雑なせいかもしれません。面白いのは、フレームの内側にゴミが貯まっていたことです。まとまっているのでつまんで捨てました。あと、お掃除後はボールが汚れたり、フレームのマジックテープ部分に髪の毛がついていたりします。


全体としての使い勝手はかなり良好です。仕事帰りにセットし、次の日に来ると掃除が完了している(?)というのがうれしいですね。完ぺきにきれいになるはずはないですが、仕事場がものすごく汚いことだけは分かりました(←オイ)。


フローリング用お掃除ロボット 新型ロボモップ(タイマー付) 専用ダストシート20枚付き DRM010



人気blogランキングへ←押すと筆者のやる気がアップします