Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

IEDM 2010現地レポート第2弾「スピン注入メモリ」

IEDM 2010現地レポート第2弾をPCWatch様に掲載していただきました。スピン注入メモリ(STT-RAM)がテーマです。


「スピン注入メモリの開発に本腰を入れ始めた韓国メモリ大手」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20101208_412647.html


Hynix SemiconductorとGrandisの共同開発による64Mbit STT-RAMチップが注目です。というか、8月の時点で予告済みのやつです。しかも1Gbitじゃなかったり(恥)。そしてSamsung ElectronicsがSTT-RAM開発に公式に参戦。韓国勢きましたよ〜。


さらには2007年に共同開発のスタートを発表してから、沈黙していた(と思います)IBMTDK(の米国子会社)のSTT-RAM共同研究の成果が出てきました。


そういえば、Grandisとルネサス テクノロジ(現ルネサス エレクトロニクス)のアレってどうなったんだろう。あああ!! 先日のRX200シリーズ発表会で質問すればよかったんだ〜あほです、私(涙)。


人気blogランキングへ←押すと筆者のやる気がアップします


追伸)今週の日本国内記者会見は全部欠席です。ご案内を下さった皆様にお詫び申し上げます。