Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

MEMS 2007レポート(雑誌版)

1月下旬に開催されたMEMS 2007の速報レポートが雑誌に掲載されました。
日経マイクロデバイス誌の2007年3月号、82-84ページです。
タイトル:「生体との連携を狙うMEMSデバイスが続々」


元ネタはこのへんから。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070129/127053/
昆虫にMEMSデバイスをくっつけようという吃驚ネタ。MEMS 2007のファイナルを飾るにふさわしい講演でした。


http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070123/126735/
点眼薬を人体に埋め込んで薬液を自動的に供給するシステムの研究。これも想像していなかったアイデアですごく楽しめました。自分に付けるのは嫌だけど。


http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070123/126801/
超音波でエネルギーを生体内に供給するアイデア。伝送効率があまりに低いのが難点か。でも大学だし、発表者本人が面白がっていたのが印象的でした。


サイボーグとして生きる
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070122/126717/
人工内耳はすでに商用化されているが、外部ユニットを持ち歩く必要があります。この研究は外部ユニットまで埋め込んでしまおうという試み。非接触充電方式を採用し、ときどき充電して使うという想定です。
ただ、人工内耳はソフトウエアが大問題らしい。最初は全然違った異音に聞こえるようです。コミック「火の鳥:復活編」を想像しました。