Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

NHKクロ現のスクープ「クリミア自治共和国では2月末に「ロシアとの統一を目指す政治団体(武装勢力)」によるクーデターが起きていた」


NHKテレビの「クロ現」こと「クローズアップ現代」の2014年3月31日放映回は、クリミア自治共和国では2月末にクーデターが起きていたことをスクープした、物凄く見応えのある内容でした。

クローズアップ現代「新たな冷戦は起こるのか〜緊迫ウクライナ情勢〜」
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3476.html

なぜ、あれほど素早く、クリミア自治共和国がロシアへの編入が進んだのか。その舞台裏をNHKが取材してくれました。

「ロシアのクリミア編入 知られざる舞台裏」
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3476_1.html

ロシアとの統一を目指す政治団体「ロシア統一党」が2月始めにロシアの与党「祖国」と連絡を取り合う。そして2月末にはロシア統一党が1000名規模の自警団(武装勢力)を組織。クリミア自治共和国の議会などを占拠し、ロシア系議員だけでロシア統一党の党首であるアクショノフ氏を首相に選出。これはクーデターです(放送ではクーデターとは言っていませんが、視聴者には分かるように作られています)。

クーデターでロシアとの統一を望む政権が誕生し、ロシア編入へのレールが敷かれました。背後にはロシア与党が存在していました。テレビをロシア国営放送に切り換えてロシアに編入されると給料と年金が上がると宣伝するなど、プロパガンダも抜かりがありません。住民投票が圧倒的多数でロシア編入を支持するのも当然と感じました。


視聴率は7.7%とクローズアップ現代としては低かったです。でもこの回を見た自分は、物凄いものを取材してくれたクロ現取材班に大感謝です。解説の藤原帰一氏(東京大学大学院教授)も良かったです。国谷キャスターに全然しゃべらせないところが特に(爆)。



人気blogランキングへ←押していただけると筆者のやる気がアップします