Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

韓国Samsungと米国MicrosoftがグリーンIT技術の普及で協力へ


韓国Samsung Electronicsが米国MicrosoftとグリーンIT技術の普及で協力していくと2日に発表しました。
リリースはこちらです。
http://www.samsung.com/global/business/semiconductor/newsView.do?news_id=1061

ぶっちゃけ、Samsungの40nm技術によるDDR3 SDRAMMicrosoftWindows 7のプロモーションです。
Samsungは以前から40nm技術のDDR3は電源電圧が1.35Vと低く、1.5VのDDR3に比べると消費電力が44%も低いと主張していました。


ただしこのリリースで気になる点が二つあります。一つは、"Following a meeting in Seoul today between the Vice Chairman and CEO of Samsung Electronics Co., Ltd, Yoon-Woo Lee, and the CEO of Microsoft, Steve Ballmer"とあることです。マイクロソフトのバルマー氏がソウルを訪れて会合したということは、話題がこれだけとは考えづらいです。ほかに何かあるかも。


もう一つは、"Samsung, a strong supporter of Windows 7, will be migrating all of its corporate PCs worldwide to the new operating system beginning in 2010."とあることです。サムスンが世界中で自社用パソコンを2010年からWindows 7に移行させていくと表明しています。これはマイクロソフトからみると、なかなかにうれしいことです。法人PCユーザーとしてのサムソンの存在は大きいですから。