Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

半導体ベンダー向けのプレス対応セミナー


フリーランスになってから、依頼があってやるようになった仕事の一つに、プレス対応の講演があります。
半導体ベンダーで雑誌や新聞、ウエブマガジンなどの取材を受ける方(マネージャークラス)を対象に基礎知識やプレス対応の心得などを説明しています。

メディアトレーニングともいいますが、こちらの用語だとエグゼクティブ向けのトレーニング(ビデオを使って模擬的にマスコミとのやりとりを撮影し、言葉遣いや表情、姿勢などを修正する)を意味することがあります。


私が得意なのはトレーニングというよりも、基礎知識(例:記事と広告の違い)やちょっとしたノウハウの説明ですね。

例えば:
第1部がプレスの基本知識
第2部がプレスに情報発信する手法(リリース、記者会見、インタビュー)
第3部が代表的なメディアの評価


こんな構成になっています。約2時間の所要時間です。


今年も講演依頼があったので、昨年のバージョンを手直ししました。
昨年のバージョンを見返すと、かなり古く感じます。
特にウエブマガジン関連の部分が今回、大きく変化しました。
ウエブマガジンの急速な拡大と変貌ぶりを改めて感じました。


時間がなくて手直しできなかったのが、プレスではないメディアの部分です。動画共有サイト、匿名掲示板、SNSアルファブロガーといったテーマです。
特に動画共有サイトは、半導体企業にとって無視できなくなると思っています。


・・・・と思っていたら。講演した企業の米国法人ではすでに、自社ウエブ・サイト以外にYouTubeにも動画をアップしていると伺いました。進んでいます。さすがです。