Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「デバイス通信」を更新。「インテルが始まったころ」第21回、「1977年の半導体メモリ製品動向」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。


eetimes.jp


インテルの創業期を1年ずつ振り返るシリーズの第21回です。1977年の第3回です。

1977年におけるインテル半導体メモリ製品を解説しております。
改めて確認しておくと、当時のインテルは世界最大の「半導体メモリ」メーカーです。「プロセッサのインテル」ではありません。

主力商品はDRAMSRAM、そしてUV-EPROMです。マスクROMとプログラマブルROM(PROM)もあります。

当時の課題である、電源電圧の単一化について特に重点を置いて述べております。

詳しくは記事をお読みいただけるとうれしいです。