Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

上海国際空港と上海市内の往復:往きは国際空港からリニアモーターカーで市内に入ろう

このエントリーは前日の続編です。

前日のエントリー
上海国際空港と上海市内の往復:上海地下鉄の乗り方 - Electronics Pick-up by Akira Fukuda


上海国際空港(「浦东国际机场」(浦東国際空港))から上海市内に入るときは、リニアモーターカー(「磁浮」あるいは「Maglev」)をお勧めします。なぜかと言いますと。

タクシーよりも安い。
地下鉄よりもずっと楽です。
料金は片道50元(日本円で約800円)(普通席)とそれほど高くない。

さらに。
切符が窓口販売なので英語が通じ、
100元(日本で両替すると100元単位のことがある)を50元にくずせる(地下鉄の切符が買える紙幣が得られる)。


リニアモーターカーの運営会社「上海磁浮交通発展有限公司」のホームページ
中国語版
上海磁浮官方网站
英語版
Shanghai Maglev Official Website


浦東国際空港はターミナル1とターミナル2が平行に配置されており、その中間にリニアモーターカーと地下鉄の浦东国际机场駅があります。
案内の目印はそれぞれ、「磁浮」(Maglev)、「地鉄」(Metro)です。
下の写真は、ターミナル1に到着して「磁浮」(Maglev)、「地鉄」(Metro)に歩いて移動したときのものです。

f:id:affiliate_with:20180323221653j:plain


リニアモーターカーの案内板です。上海国際空港駅が左側、上海市内の駅(龙阳路(りゅうようろ、Longyang Road))が右側です。途中の停車駅はありません。所要時間は7分から8分くらいです。

f:id:affiliate_with:20180323222259j:plain

座席は普通席しか分かりませんが、クロスシートで自由席。スーツケース置き場があります。自分には普通席で十分です。

f:id:affiliate_with:20180323222742j:plain


あと通路近くの表示板に、現在の速度が表示されますので、車両の中央部よりも、通路近くの座席を選ぶと速度の変化を楽しめます。

f:id:affiliate_with:20180323222948j:plain


上海市内側の駅である龙阳路駅は、地下鉄の2号線、7号線、16号線に乗り換えられるターミナル駅です。ここで地下鉄に乗り換えると便利です。

え。なぜ最初から2号線に乗らないかって。それは、地下鉄2号線がものすごく混雑するからです。帰りならばともかく、往きにこれはお勧めしません。自分は帰りだけ2号線を使いましたが、むちゃくちゃ混んでました。かなりきついです。

2号線が混雑するのは、安いからというのがもちろんあります。ですが最大の理由は、別にあります。2号線からは直接は市内に入れない、ということがまず、あります。2号線の途中駅(路線図で確認できます)で、強制的に乗り換えさせる仕様なのです。でもって空港側はわずか4両編成なので、これが激混みします。市内側の2号線に乗り換えると8両編成とかになるので、いくぶんかマシになります。しかし、そこまで(空港側の4両編成路線)が結構に長いです。きついです。


往きはホテルに早く到着することが第一ではないかと思います。でもタクシーよりは安くしたい。
ということで、往きはリニアモーターカーで市内に入ってしまうことをお勧めします。
帰りもリニアモーターカーの方が楽です。正直、地下鉄はあまりお勧めしません。
ちなみに往復チケットを買うと、割り引きがあって80元で済みます。20元ほどお得です。


ちなみに、上海のリニアモーターカーは常電導磁気浮上方式で、ドイツで開発された技術(トランスラピッド)です。
Shanghai Maglev Official Website


下記は上海に行く前にいくつかチェックした書籍の中から、最も良かったガイドブックです。
地図(地下鉄路線図入り、上海国際空港のターミナル案内図入り)が切り離せるようになっている点が便利でした。

まっぷる 上海 蘇州 (マップルマガジン 海外)

まっぷる 上海 蘇州 (マップルマガジン 海外)