Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

IEDM 2011レポート「NANDフラッシュメモリの限界を突破」

IEDM 2011の中日が閉幕しました。現地レポートをPCWatch様に掲載していただいております。


「128Gbitチップを安価に提供するNANDフラッシュ技術」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20111208_496627.html


フローティングゲート技術を使う現行のNANDフラッシュメモリのメモリセル技術は20nm前後が限界だとされてきました。その限界を突破し、15nm前後のメモリセルを考案、試作してみせたのがHynix Semiconductorです。なかなか凄いことです。


えげつないのがIntelとMicronの共同開発陣営。同じ日に128Gbit NANDフラッシュメモリの報道機関向け発表をぶつけてくるとは。日本では7日に記者会見まで開催したようです。



推薦書籍リストへ←筆者が推薦する書籍です。購入していただけると筆者の生活が少し楽になります