Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

IRPS 2011レポート第2弾が掲載されました

IRPS 2011のレポート第2弾をPCWatch様に掲載していただきました。


「PCの使用条件からCPUの寿命を予測する」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20110427_442464.html


Intelの研究成果です。マイクロプロセッサの使用状態(消費電力モードの利用状況)をフィールドとベンチマークで調べ、不良率との相関をモデル化しています。当たり前のことなのですが、1日当たりのアクティブ状態が長いマイクロプロセッサほど、早く寿命がきます。


重要なのは例えば3年なり、5年なりの期間を仮定したときに、1日に50%使用しているときと100%使用しているときでは、不良率がどの程度違うかです。Intelの研究はそこまで定量化しています。さすがに絶対値は出していません(というよりも出せませんよね、普通)が、正規化した相対値は出しています。相対値だけでも重要な情報だと言えます。


追記)週間アクセスランキングで12位となりました。ありがとうございます
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/accessranking/20110509_444258.html