Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

フルークとテクトロニクスの親会社ダナハーがケースレーインスツルメンツも買収


計測機器のベンダーであるフルークとテクトロニクスの親会社ダナハーが、計測機器ベンダーのケースレーインスツルメンツを買収すると9月29日(米国時間)に発表しました。


ダナハー(Danaher)のリリース
http://www.danaher.com/news/news_detail.asp?key=386
買収金額は約3億ドルです。1株当たり21.60ドルで買収する予定です。現金による買収となります。買収完了は2010年第4四半期中を予定しています。


ケースレーインスツルメンツ(Keithley Instruments)は微小電圧電流計測の測定器で知られています。米国オハイオ州クリーブランドに本社があります。2009年9月期の売上高は約1億ドルです。従業員数は全世界で557名(2009年9月末現在)。
http://www.keithley.jp/
http://www.keithley.com/


ダナハー(Danaher)は計測検査やモーション制御、自己認証、工具、医療機器などの多岐に渡る子会社群を抱える総合多国籍企業です。米国ワシントンDCに本社があります。2009年の売上高は112億米ドル。全世界で4万6600名の従業員を抱えています。
http://www.danaher.com/about/keyfacts.htm


ダナハーは1998年にフルーク、2007年にテクトロニクスを買収しています。
関連エントリー
http://d.hatena.ne.jp/affiliate_with/20071017/1192688832


なおダナハーのリリースによると、ケースレーは買収後にテクトロニクスに統合される可能性が高いようです。


<追加情報>
ケースレーは2009年12月にRF計測機器事業の大半をアジレント・テクノロジーに売却していました。以下はアジレントのリリースです。
http://www.agilent.com/newsjp/presrel/fy2010/em05_keithley_rf.shtml


<追記>
マイコミジャーナル様に速報を書かせていただきました。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/10/01/027/index.html