Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

危なくひっかかりそうになった詐欺メールとか危ない電話とか

最近、米国デルタ航空を名乗る英文電子メールを相次いで受信しました。
海外出張が多いのでエアラインのホームページは良くみます。
このため何かで登録したのを忘れたのかな、それとも。危ないやつかも。


恐る恐る平文テキストだけ見て、詐欺と判断しました。削除リスト入りです。
案の定、デルタ航空のホームページにはこんな文章が。ヤバイヤバイ。
http://ja.delta.com/delta/enja/?24;http://www.delta.com/traveling_checkin/flight_status_updates/index.jsp
引用:「ご注意: デルタ航空からのメールを装った不正Eメールが、過去24時間以内に送信されているようです。これらのEメールにおいて、Eメールの受信者はデルタ航空の航空券を購入し、クレジットカードに課金がされ、その請求書または領収書をそのEメールに添付していると称しています。万一このようなEメールをお受け取りになった場合、添付ファイルは絶対に開かないでください。」

トップページ→「不正メールに関する警告」をクリックで入れます。
http://ja.delta.com/delta/enja/?24;http://www.delta.com/index.jsp?lang=ja


そして計測機器ベンダーのホームページを巡回していたら、こんなご注意が。
http://www.rohde-schwarz.co.jp/ja/info_20090310.html
引用:「弊社の海外法人などを名乗り,お客様に対し,電話によるアンケートを通じてご担当者名とご住所を聞き出そうとする事例が発生しているとの連絡が入りました。<事例>・「ローデ・シュワルツ」「ローデ・シュワルツの台湾」「ローデ・シュワルツの中国」などと名乗り自らの所属名や氏名を言わない。(あるいは聞き取りにくい)・・・・」


ローデ・シュワルツは計測機器では高級ブランドなので、狙われたのかもしれません。あ、でも。高級ブランドであることを知っている人間はどうみても一般の方ではない訳で。「理工系犯罪組織」が存在する証拠になるかも?