Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

アナログ・デバイセズのDSP新製品発表会に

出席してきました。32ビット浮動小数DSP「SHARC」の第4世代品の発表でした。
記事をマイコミジャーナルに執筆しております。


「ADI、第4世代のSHARCプロセッサを本格的に展開へ」
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/11/12/037/index.html
SHARCはデジタル・オーディオにかなり使われているとのことでした。
第4世代品はメインプロセッサにハードウエアアクセラレータを追加という最近の信号処理LSIでよくみかける構成です。
またドルビーなどのアルゴリズムをマスクROMに格納しています。記事では書き忘れましたが、これはフラッシュメモリのほうが適切かも、と思いました。フラッシュメモリであれば、規格更新に対応できるので。