Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

ハードディスクドライブの容量拡大はとまらない


ハードディスクの高密度化技術を共同研究している情報ストレージ推進研究機構(SRC)の成果発表を兼ねた記者会見(27日)に出席してきました。記事をこちらに執筆しております。


PC Watch「1Tbit/平方インチの高密度HDDを既存技術で実現〜2011年には1プラッタ当たり約1.3TBに」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0528/src.htm



垂直磁気記録で1Tbit/平方インチまで確実にカバーできるとの発表です。プラッタ3枚の3.5インチHDDだと容量は4TBになります。デスクトップPCの標準搭載容量が4TB・・・・。うわー。
でもビジネス用PCの記憶容量って最近、あんまり増えていないんですよ。サーバーに大事な情報は貯めておくってことで。


そうすると一般消費者向けPCのHDDがやたら大容量になって。一方でHDDのクラッシュ対策が消費者向けの売り込み文句になったりして。2011年ころには500GB×2のRAID1が標準搭載とか。そうなるといいかもしんないW。