Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

テレビのニュース番組は午後6時前後が面白い

まずお断りしておきます。このエントリーは首都圏在住の方に限定されております。
地方在住の皆さま、ごめんなさい。


以前、東京の大手民放テレビ局の報道部に勤めていた友人が言っていた。
「ニュース番組は夕方が一番面白いんだ。その後のニュース番組は大半がそのダイジェストだよ。だから、つまらない」


そのときはこんな感想を持っていた。「そういっても、勤め人には夕方のニュースは視聴できないよ。午後6時にどうやって帰宅しろというんだ」。そのころの私の帰宅時間は午後11時くらいが普通だった。「ニュースステーション(当時)」すら視られない。


ところが最近、さる事情から平日に2日ほど続けて自宅で午後6時前後にテレビを視聴することができた。

ショックを受けた。友人の言った通りだった。調査報道だらけだった。
日本テレビ、TBS、フジ、朝日の4局がニュースの中身で競争していた。
お涙頂戴もののようにあまり好きでないもののあるが、各局が似たり寄ったりの朝のニュースとは、全然違っていた。各局が独自テーマを追っかけた結果が生き生きと放映されていた。


家族によると、以前からこの時間が最も面白いと思っており、適当に見る局を変えて視聴していたという。内容がくだらなかったりつまらなかったりしたら、他局に変えてみるというのだ。


ああ。俺は浅墓だった。これを知らずに「テレビはダメだ」とか言っていたなんて。恥ずかしい。すみません。間違ってました。


しかしなぜ、午後10時〜午後11時台のニュースはあまり面白くないんだろう。
謎だ。