Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

サムスン電子の地上デジタル対応携帯電話機を分解

EETimes Japan2007年5月号pp.61-64「「DVB-H」対応の携帯電話機、25米ドルの追加コストで実現」
http://www.eetimes.jp/latest.cfm


韓国Samsung Electronicsガ開発した欧州地上デジタル視聴機能付き携帯電話機「SGH-920」の分解記事です。テレビチューナーはFreescale、DVB受信IC(復調復号処理)はDiBcom、メディア処理LSINVIDIA、システムメモリ(フラッシュとDRAMの混載)は東芝となっており、サムスン半導体はあまりありません。SRAMSamsungですが。


フラッシュ(東芝NAND型)とDRAMエルピーダメモリ)の混載チップがすべて非Samsungなのは少し意外でした。エルピーダメモリは携帯電話機向けDRAMで強いと主張していましたが、裏付けられた格好です。