Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

2006年8月号が続々届く

月末とあって8月号が続々と届いた。少しずつ拾い読み。


「日経ものづくり」
234頁。相変わらず分厚いです。松下製石油温風機事故の記事が読応えあり。材料は大事です。個人的な趣味ですが、ダイレクトドライブ(DD)電車の記事がそそられた。ただ、DDがなぜこれまで開発されなかったかについてはもう少し詳しく説明して欲しかった。。


日経マイクロデバイス
170頁。特集はMEMS。7月上旬に開催されたセミナー「MEMSソリューション」と連動した企画のようだ。最近の同誌はMEMSの記事が非常に目立つ。一方で実装の記事はほとんどなくなった。実装の話題は「日経エレクトロニクス」に譲ったということかも。


「EDNJapan」
128頁。久々に新製品欄が8頁24本と充実していた。翻訳記事「複雑さを増すマイクロプロセッサ・アーキテクチャに立ち向かう」があちこちヘン。タイトルがまずよく分からない。本文でもちょっと眺めただけで「チップ内部のアーキテクチャが限界に達し」とか、「4つの1GHzコアで、1つの4GHzコアと同等の性能を実現できるのだ。・・・4コアアーキテクチャの消費電力は12Wとなり、4GHz Pentiumで消費される電力のわずか12%」とかが最初の頁に出てきて意味不明。


「DesignNewsJapan」
72頁。薄い。前編集長の山下氏がマストヘッドから消えた。退社したとのウワサは本当らしい。代わって甲斐真一郎氏が編集長で活躍されている。
それから不思議なことが一つある。いつもは次号予告が最終頁にあるのだが、今回は掲載されいていない。同誌は発行が隔月だったり連続していたりと不規則なので、次号予告がないと次がいつ発行されるのかが分からない。8月号で予告なしに休刊という事態もありうると記しておこう。



人気blogランキングへ←押すと筆者のやる気がアップします