Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

2017-10-17から1日間の記事一覧

コラム「ストレージ通信」を更新。反強誘電体キャパシタで実際に残留分極を確認

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp 仕事関数の異なる電極を使った反強誘電体キャパシタを作製し、残留分極「あり」と「なし」の2つの状態を実現しました。これで不揮発性メモリとして使えることが分か…