Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「東芝メモリ」が「キオクシア」となって再出発

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。


pc.watch.impress.co.jp


東芝フラッシュメモリ/SSD事業部門が2017年に子会社の「東芝メモリ」となり。

そして「東芝メモリ」の全株式が2018年にPangeaに買収されたのにも関わらず。完全独立会社とはならずに。
東芝がPangeaに再出資したことで「東芝メモリ」は東芝の持分法適用会社となり。

さらに2019年には東芝メモリとは別に持ち株会社の「東芝メモリホールディングス」が設立され。
東芝の持ち分適用会社は「東芝メモリホールディングス」となり。
東芝メモリ東芝メモリホールディングスの100%子会社(完全子会社)となり。

さらには社名(商号変更)で。この10月1日から、

東芝メモリは「キオクシア」に。
東芝メモリホールディングスは「キオクシアホールディングス」に。


このあたりの経緯を振り返りつつ。事業収益も振り返りながら。
キオクシアの現状を解説しております。


詳しくは記事を眺めてくださいませ。


三流の東芝 一流の半導体(週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.313)

三流の東芝 一流の半導体(週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.313)