Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

民事再生法申請の新潟精密が再スタートを切りましたが・・・

過去のエントリー
http://d.hatena.ne.jp/affiliate_with/20080312/1205484170
http://d.hatena.ne.jp/affiliate_with/20080201/1201847865


2008年6月16日付けで新潟精密が再スタートを切ったようです。
新生・新潟精密のホームページ
http://www.niigata-s.co.jp/
新社長のご挨拶(社長の保坂氏は元三和工場長のようです)
http://www.niigata-s.co.jp/about/greeting.htm

新潟の三和工場が母体となって新会社が設立され、社名はそのまま引き継いだとのことです。
NIKKEI NET地域版に記事がありました。


NIKKEI NET:「新潟精密三和工場、独立した新会社に 投資ファンドが支援」
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20080616c3b1604s16.html
上記記事より引用:「投資ファンドジェイ・ウィル・パートナーズが約28億円で」三和工場を買収し、新会社「新潟精密」を立ち上げたとのことです。


新生・新潟精密の事業内容ホームページ
http://www.niigata-s.co.jp/products/index.html
高密度実装の請け負いや無線モジュール製品などが主力です。元々、三和工場で手掛けていた事業だと思います。


それではRF CMOSバイスを開発していた東京営業本部はどうなるのでしょうか。
どうも雲行きが怪しいようです。
新潟日報のウエブ・サイトに記事があります。
6月27日付け記事:「新潟精密、2年以内に清算へ」
http://www.job-nippo.com/news/details.php?k=2125
記事本文より引用:「新潟精密の債務者代理人・・・(中略)・・・再生計画の柱にしていた東京営業本部の売却見通しが立たないため、2年以内に清算する方針を明らかにした。東京本部は当初、数十億から百数十億円での売却を見込み、総額約150億円に上る債務補償の柱になる予定だった」。


えー!! すると新生・新潟精密は精算されてしまう??


しかも、さらに危ない話が。
デイリースポーツオンライン7月9日付け:「加藤茶 株で5000万円損しちゃった…」
http://www.daily.co.jp/gossip/comedy_topics/2008/07/09/0001216799.shtml
記事本文より引用:「タレントの加藤茶(65)が・・・(中略)・・・一部で報じられた未公開株を購入した企業が倒産し、約5000万円を損たことに「夢を買ったけど、仕方がない」と初めて認めた。報道によれば、加藤は2006年、タレントの小野ヤスシらとともに、IC製造・新潟精密の株3万株を1株1600円で購入。「上場すれば10倍になる」という触れ込みだったが、同社は今年1月に倒産したという」


この報道記事とは、週刊ポスト2008年6月20日号のことだと見られます。
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/sol_magcode?sha=1&neoc=2005306108&keitai=0
39頁の記事「加藤茶[&小野ヤスシ]も!「おいしい未公開株」にコロリといった面々」が該当すると思われます。


現在、週刊ポストの当該号を入手しようとしています。
何か分かりましたらフォローの予定です。