Electronics Pick-up by Akira Fukuda

日本で2番目に(?)半導体技術に詳しいライターのブログ

コラム「デバイス通信」を更新。「実装技術ロードマップ」の第7回(バイオセンサー)

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。 eetimes.jp 「2019年度版 実装技術ロードマップ」を完成報告会のスライドとロードマップ本体から紹介するシリーズです。第7回となります。注目市場のテーマは前回から、「メディカ…

フラッシュメモリサミット現地レポート「SK Hynixが3D NAND開発で最先端に、TLCで初の1Tbitフラッシュを誇示」

米国カリフォルニア州サンタクララで開催されましたイベント「フラッシュメモリサミット」の現地レポートをPC Watch様に掲載していただきました。pc.watch.impress.co.jp 韓国の大手メモリベンダーSK Hynixが、トップベンダーを急速にキャッチアップしつつあ…

コラム「ストレージ通信」を更新。「HDD大手Seagateの四半期業績、売上高が3四半期ぶりの増収に」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp HDD大手Seagate Technologyの四半期業績です。回復基調が鮮明になってきました。 同社の売り上げのほとんどがHDDです。フラッシュメモリ応用品(SSDなど)はほんのわ…

フラッシュメモリサミット現地レポート「東芝メモリ、DRAMと同等性能のSSDを披露」

米国カリフォルニア州サンタクララで開催されましたイベント「フラッシュメモリサミット」の現地レポートをPC Watch様に掲載していただきました。 pc.watch.impress.co.jp 東芝メモリが開発した超高速フラッシュメモリ「XL-FLASH」の応用事例を同社の展示ブ…

コラム「ストレージ通信」を更新。「HDD大手Western Digitalの四半期業績は4期連続の減収減益」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp HDD大手Western Digital(WD)の四半期業績です。良くないのですが、底が見えてきました。WDは売り上げの半分近くがフラッシュメモリ関連で、こちらはまだ良くないで…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「過激さを増す3D NANDの開発競争」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。pc.watch.impress.co.jp 米国カリフォルニア州サンタクララで開催されたイベント「フラッシュメモリサミット(FMS)」のキーノート講演などから3D NANDフラッシュメモリ開発の最新…

「MRAM開発者デー2019」現地レポートをPC Watch誌に掲載

米国カリフォルニア州サンタクララで8月5日(現地時間)に開催されたMRAM(磁気抵抗メモリ)のイベント「MRAM Developer Day 2019(MRAM開発者デー2019)」を取材しました。現地レポートをPC Watch様に掲載していただいております。 pc.watch.impress.co.jp …

コラム「デバイス通信」を更新。「電子産業が「医療・生命科学」に期待するもの」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。eetimes.jp 「2019年度版 実装技術ロードマップ」を完成報告会のスライドとロードマップ本体から紹介するシリーズです。第6回となります。注目市場のテーマは今回から、「メディカ…

コラム「ストレージ通信」を更新。「次世代メモリの長所と短所」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。eetimes.jp 次世代メモリの技術と市場を解説するシリーズ。その最終回となりました。各種の次世代メモリ技術を一覧表の形でまとめております。 お手すきのときにでも、眺めていた…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「VLSIシンポが「AIハードウェア」シンポになる日(完結編)」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。pc.watch.impress.co.jp VLSIシンポジウムのAIハードウェアに関する研究成果を紹介するシリーズ、ようやく完結しました!!完結編では33本の研究論文をご紹介しております。2018年…

コラム「デバイス通信」を更新。「実装技術ロードマップ」の第5回(LPWA無線と仮想・拡張現実)

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。eetimes.jp 「2019年度版 実装技術ロードマップ」を紹介するシリーズの第5回となります。注目すべき分野の1つ「情報通信」の後半です。 本文の前半部はセンサ無線インターネット端…

コラム「ストレージ通信」を更新。次々世代の不揮発性メモリ技術「強誘電体メモリ(FeRAM)」を解説

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp ブログエントリですと、以下のところから休んいでいました。次世代メモリ技術の解説シリーズ、再開です。 affiliate-with.hatenablog.com 新材料の発見によって研究…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「VLSIシンポが「AIハードウェア」シンポになる日(後編)」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 pc.watch.impress.co.jp ブログエントリーですとこちらの続きです。 affiliate-with.hatenablog.com 記事本体ですとこちらの続きです。 pc.watch.impress.co.jp 前回のブログエン…

コラム「デバイス通信」を更新。「実装技術ロードマップ」の第4回(情報通信と次世代の社会)

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。 eetimes.jp 「2019年度版 実装技術ロードマップ」を紹介するシリーズの第4回となります。注目すべき分野の1つ「情報通信」の前半です。 次世代の社会(Society 5.0)とその構成要…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「VLSIシンポジウムが「AIハードウェア」シンポジウムになる日(前編)」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 pc.watch.impress.co.jp タイトルは「釣り」です(爆)。 半導体デバイス技術と半導体回路技術の国際学会VLSIシンポジウムで、急激に人工知能(AI)関連の発表が増えてきました。…

コラム「デバイス通信」を更新。「実装技術ロードマップ」の第3回(注目すべき分野)

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。eetimes.jp 新シリーズ「2019年度版 実装技術ロードマップ」の第3回です。 エレクトロニクスの中で注目すべき分野(大テーマ)を紹介しております。 なお今回から、JEITA関係各所の…

コラム「ストレージ通信」を続けて更新。ハードディスク業界の国内最大イベント予告(後編)

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を続けて更新しました。eetimes.jp 7月25~26日に開催予定のハードディスクおよびストレージに関するイベント「国際ディスクフォーラム」の予告編です。 その後編となります。開催日まであまり日に…

コラム「ストレージ通信」を更新。ハードディスク業界の国内最大イベント予告(前編)

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp 毎年恒例となっております、ハードディスク業界のイベント「国際ディスクフォーラム」の予告前編です。 今年は7月25~26日に東京の蒲田(京急蒲田駅近く)で開催され…

コラム「デバイス通信」を更新。新シリーズ「2019年度版 実装技術ロードマップ」の第2回

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。eetimes.jp 前回より始まった「2019年度版 実装技術ロードマップ」(書籍)の概要をご紹介するシリーズ、その第2回です。 書籍全体のコンセプトを述べております。 お手すきのとき…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「正体を現し始めた仮想通貨マイニング用ASIC」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 pc.watch.impress.co.jp ビットコインのマイニング用ASICのエンジン(アクセラレータ)技術を、Intelが国際学会「VLSIシンポジウム」で発表しました。その内容とともに、マイニン…

コラム「ストレージ通信」を更新。次々世代の不揮発性メモリ技術「カーボンナノチューブメモリ(NRAM)」を解説

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp 次世代メモリ技術の解説シリーズ。今回は「カーボンナノチューブメモリ(NRAM:Nanotube RAM)」を解説します。 ベンチャー企業のNantero社が技術的なノウハウを有す…

コラム「デバイス通信」を更新。新シリーズ「2019年度版 実装技術ロードマップ」を開始

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「デバイス通信」を更新しました。 Intel創業期の話題は休止しました。新シリーズ「2019年度版 実装技術ロードマップ」を始めます。 eetimes.jp エレクトロニクスとITの業界団体である電子情報技術産業協会(JEITA:…

コラム「ストレージ通信」を更新。「抵抗変化メモリ(ReRAM)の開発ベンチャー」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp 抵抗変化メモリ(ReRAM)の動向に関する解説の第2回です。開発ベンチャーの動向を主に説明しております。 末尾は主なメモリの製造コスト(記憶容量当たり)見通しで…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「大規模集積回路の時代に突入したカーボンナノチューブ【後編】 ~VLSIシンポジウムから」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を続けて更新しました。 pc.watch.impress.co.jp カーボンナノチューブを使ったトランジスタによる次世代集積回路の研究開発、その後編です。 VLSIシンポジウムで発表された2件の研究成果(いずれ…

コラム「セミコン業界最前線」を更新。「大規模集積回路の時代に突入したカーボンナノチューブ【前編】 ~20年を超える研究史を振り返る」

PC Watch様から頂いておりますコラム「セミコン業界最前線」を更新しました。 pc.watch.impress.co.jp カーボンナノチューブ(CNT)を使ったトランジスタによるデジタル回路が、ついに数千個のトランジスタを集積するまでに進化しました。 大規模集積回路(L…

コラム「ストレージ通信」を更新。「クロスポイント化に期待がかかる抵抗変化メモリ(ReRAM)」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp 抵抗変化メモリ(ReRAM)の記憶原理と長所、将来性を簡単に解説しております。 お手すきのときにでも、眺めていただけるとうれしいです。

コラム「ストレージ通信」を続けて更新。「磁気抵抗メモリ(MRAM)の技術動向と製品動向」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を続けて更新しました。 eetimes.jp MRAMの解説、後編となります。技術動向と製品動向です。製品動向では埋め込みメモリがフラッシュの置き換えで盛り上がっております。 対する単体メモリ(スタ…

コラム「ストレージ通信」を更新。「磁気抵抗メモリ(MRAM)の長所と短所」

EETimes Japan様から頂いておりますコラム「ストレージ通信」を更新しました。 eetimes.jp PCM、MRAM、ReRAMと続く次世代不揮発性メモリ解説のMRAM編(前編)となります。 お手すきのときにでも、記事を眺めていただけるとうれしいです。 不揮発性磁気メモリ…

VLSIシンポジウム現地レポート第4弾「自動車用マイコンに向けた24Mバイトの大容量フラッシュメモリ技術」

VLSIシンポジウム現地レポートの第4弾をPC Watch様に掲載していただきました。pc.watch.impress.co.jp ルネサス エレクトロニクスの研究開発成果です。自動車用マイコンの内蔵フラッシュ技術となります。 28nmのSG-MONOS技術をベースに、24Mバイト(192Mビッ…

VLSIシンポジウム現地レポート第3弾「6層のクロスポイントと1Znm技術で実現する1Tbitの超大容量メモリ」

VLSIシンポジウムの現地レポート第3弾をPC Watch様に掲載していただきました。pc.watch.impress.co.jp 相変化メモリ(PCM)を共同研究しているIBMとMacronix Internationalの発表をご報告しております PCMのクロスポイント化によって、1Tbitの超大容量不揮発…